世界の歴史

シンガポールの歴史をざっくりまとめた【世界の歴史】

 

シンガポールの歴史についてざっくりまとめました!

※写真はシンガポール国立博物館旧フォード工場で撮ったものです

 

望岡 慶
望岡 慶
モチオカです。TwitterYouTubeやっています! お問い合わせはこちら

 

シンガポールの歴史

 

シンガポールの歴史を知る上で重要なのは「シンガポールがむっちゃ良い場所にあった」ってのを理解することだと思います。シンガポールは交易の拠点として有利な場所。

 

シンガポールの地理的特徴

  • インド洋と南シナ海をつなぐマラッカ海峡にある(→ヨーロッパから中国に船で行きたかったら、シンガポールの横を通る必要がある=シンガポールに拠点を作ると中国との交易をしやすくなる

 

 

古代まで

よくわかっていない(記録が全然ない)ので省略

 

 

シンガプラの時代(中世)

14世紀、マレー世界の交易拠点(港)として栄えていた!

  • 地元で作られた陶器やラカの木、中国の磁器や石器が取引された
  • シュリヴィジャヤー王国の王子(マレー人)がシンガポールを発見し、ライオンらしき動物を見つけた→その島をシンガプラ(獅子の街)と名付けた

 

 

↑交易の拠点だったことがよくわかります

 

 

その後、シンガプラは滅亡(くわしいことはよくわかっていない)

シンガポールは歴史の表舞台から姿を消し、小さな漁村へと変化

 

 

イギリス直轄植民地の時代(近世)

マラッカ海峡の重要性がアップ

16世紀頃から、インド洋と南シナ海のつなぎ目(マラッカ海峡)の重要性がアップします

 

(理由)

  • ヨーロッパ人が船でいろんなところに行けるようになった(大航海時代

※陸路で中国に行くこともできたけど(シルクロード)、船の方がモノを大量に楽に運べて便利

※ヨーロッパ人は異国の珍しいモノが欲しかった(例:東南アジアの胡椒・香料、中国の生糸、インドの綿布)

 

そのマラッカ海峡の中で重要な場所だったのはマラッカでした(@現在のマレーシア)

(理由)

  • 明がインド洋に遠征する際の重要な拠点だったので、国際交易都市として発展していた(鄭和の遠征)

1511 ポルトガルがマラッカを占領

1641 オランダがマラッカを占領

※オランダの東南アジアにおける拠点はジャワ島のバタヴィア(現在のジャカルタ)だったので、シンガポールの重要性は相対的に低かった

 

 

イギリスがシンガポールに目をつける

ここまでシンガポールは全然重要な場所じゃなかったんだけど、、、

イギリスがシンガポールに目をつけます!

(理由)

  • イギリスは(イギリス東インド会社は)インドを支配していた
  • さらに「マラッカ海峡を経由して中国と貿易をしたい!」って思っていた
  • そのためには水や食料を補給する寄港地が必要だけど、マラッカはオランダの支配下にあった

※イギリス東インド会社:アジアとの香辛料貿易における巨大な利益を求めて1600年に創設された民間会社

イギリス東インド会社に勤務していたラッフルズという人が、小さな漁村だったシンガポールを拠点にしよう!って考えた

いろいろあり(くわしくは省略)、シンガポールはイギリスの支配下に置かれた(イギリスによる領有が確定したのは1824年)

※1826 マレー半島のペナン・マラッカ・シンガポールを海峡植民地に

 

 

ラッフルズによるシンガポール建設

↑真ん中にいるのがラッフルズ

当時小さな漁村だったシンガポールを一気に発展させたのがラッフルズ(←超重要人物)

  • シンガポールをアジア貿易の中心地にするべく、1820年に「自由港宣言」を発する
  • 1822年に貿易と商業が発展するための都市計画を策定
  • 港湾や操船所、政庁、警察署などを建設
  • 民族別の居住区を作る

 

ラッフルズは「シンガポールの建設者」と言われている

 

 

移民社会の成立

1870年代からイギリスは港市だけでなくマレー半島(マラヤ)の支配に積極的に介入していった(→1895 マレー連合州)

※海峡植民地:イギリスの直轄領域

※マレー連合州:イギリスの間接統治を受ける保護国

マレー半島でゴムのプランテーション開発と錫鉱山開発を行う

※ゴムは自動車生産と結びつく有力な商品として20世紀以降注目された

シンガポールはゴム・錫の中継・加工貿易港となり、それにともなって移民がたくさん流入

華人

  • 錫鉱山の労働者として出稼ぎにやってきた(ほとんどが中国南部の出身)
  • シンガポールは「仮の宿」っていう認識
  • イギリスは中国移民に法的保護をほとんど与えなかった
  • そのため、出身地の血縁・地縁を利用した互助的なネットワークを形成した

マレー人

  • ほとんどがマラヤやオランダ領東インド(インドネシア)からの移民
  • イギリスは植民地支配において、土地所有や公務員採用に先住民であるマレー系を優先した(→ビジネスに参入したマレー人が少なく、このことが現代におけるマレー系の地位の低さにつながっている)

インド人

  • 南インドの囚人が建設労働者として連れてこられた
  • 囚人労働は1873年に禁止されたが、労働期限を終えても多くのインド人は帰国しなかった
  • その後、インド南部タミル州からゴム園労働者、建設・港湾労働者として大量の移民がやってきた(低いカーストに属する者がほとんど)

プラナカン

  • かなり早い時期にシンガポールに移住し、現地女性と結婚するなどして土着化した人々
  • 英語教育を受けて社会的地位の高い職業に就いた人が多い

 

 

日本軍政期:昭南島の時代(1942〜45)

日本に占領されるまで

1894〜 日清戦争の頃からシンガポールに居住する華人に反日感情が芽生えていた

1914〜 第一次世界大戦中はヨーロッパ製品の輸入が途絶えたため、代わりにシンガポールに日本企業が進出した1915 二十一か条の要求→日本製品ボイコット運動)

1931〜 満州事変→華人の反日感情が一気に燃え上がった

1937〜 日中戦争→シンガポールは抗日救国運動の拠点になった

1941〜 太平洋戦争

1942.2.8 日本によるシンガポール侵攻

1942.2.15 イギリスが降伏

 

 

 

日本占領後

シンガポールは日本陸軍による軍政が敷かれ、「昭南島」と命名された

イギリス時代よりも徹底した民族別の支配が行われた

  • マレー人を優遇(泰緬鉄道の工事に駆り出された人も多かったけど)
  • インド人も比較的優遇(泰緬鉄道の工事に駆り出された人も多かったけど)
  • 華人は冷遇された(シンガポールが東南アジア華人の抗日救国運動の拠点だったから)

 

日本が華人に対して行ったこと

  • 「抗日分子」「共産主義者」を粛清
  • 日本軍は抗日救国運動の「償い」として華人に強制献金を課す

 

 

その他、学校で日本語教育が強制されたり、伊勢神宮を模して昭南神社が造られたりと、「日本化」が行われた

 

 

占領終了後

 

イギリスの植民地に戻る

日本敗戦後、1941年9月1日にイギリスはシンガポールを再び直轄植民地とした

しかし、日本による占領を受けたことが「植民地支配を打倒して、自分達の国家を作ろう!」という決意につながった

1957 マラヤ連邦がイギリスから独立

1959 シンガポールがイギリスの自治領に

 

 

マレーシア連邦に

1963 マラヤ連邦、ボルネオ島のサバ・サラワク両州とともにマレーシア連邦が成立

シンガポールはマレーシアと一体化した!

 

 

シンガポールの分離独立

1965 シンガポールがマレーシア連邦から追放される形で分離独立した

シンガポールの立場

  • マレーシアは経済的に重要(ゴムと錫が豊富&市場として魅力がある)
  • マレーシアに経済協力をしてほしい
  • シンガポール単独だと華人が圧倒的多数派になってしまうので、マレーシアと一緒の方が都合がいい

マレーシアの立場

  • シンガポール経済を抑え込んでマレー系を優遇したい
  • シンガポールと一体化することで、シンガポールの中心にいる華人に政治的支配を及ぼすことができる

 

つまり、どちらにとっても華人は厄介な存在だったということ。しかし経済協力に関してシンガポールとマレーシアは足並みが揃わなかった。

 

↑シンガポールの首相リー・クアンユーが涙を流しながら独立を説明

 

 

マレーシアからの分離独立後

※編集中

 

1965〜

外資系企業を誘致して経済発展を加速させる

輸出志向型工業化政策(労働集約型の電機・電子産業から石油化学などの資本集約型産業に幅を広げる)

※日本を利用

 

 

1985年に独立後初めて景気後退に直面

(理由)

  • 第二次石油危機
  • 1979年からスタートした高賃金政策によるコスト増(資本集約型産業への転換のため)

金融、物流などのサービス産業誘致へ政策を転換

 

1997 アジア通貨危機

2001 ITバブル崩壊

2003 新型肺炎(SARS)

電機・電子分野などの工場が閉鎖・撤退し、他の東南アジア諸国や中国に移転した

バイオメディカルなどの知識集約型産業誘致へ転換

ASEANの域内経済統合の推進

FTA締結を進める

法人税引き下げ、外国人受け入れに関する規制緩和、カジノ解禁

 

2010年以降、政府は外国人労働者の伸びを抑制する方向へ転換

 

 

参考文献

 

おすすめの学習教材

通信教育

(小学)通信教育まとめ記事

 

(中学)通信教育まとめ記事

 

(高校)通信教育まとめ記事

 

(不登校)通信教育まとめ記事

 

→家庭教師がいい人はこちらで探せます!

 

 

学習漫画・参考書

日本史の漫画まとめ記事

 

(中学)歴史の参考書まとめ

 

(高校)日本史の参考書まとめ

 

(高校)地理の参考書・問題集

 

社会科チャンネル

 

社会科(歴史・地理・公民・政治経済)の内容について、本質的な部分をわかりやすく解説するチャンネルです。

【方針】

  • 「つまりどういうことなの?」「なんでこれが大事なの?」ってのを解説する(木で例えると、葉っぱの部分じゃなくて幹の部分を説明する感じ)
  • 細かい内容は省略する
  • 社会科は人間の営みに関する学問なので、当事者のことをちゃんとイメージする(人間の心理も考える)
  • 「社会は暗記すればOK!わからなくても覚えりゃいい!」っていう人を減らす

 

【対象】

  • 中学生〜大人(本質的な部分を解説しているので、中学社会にも高校社会にも対応しているはず!)

※細かい内容はあまり扱わないので、細かくてマニアックな内容を求めている人は満足できないと思います。マニアックさを求めている人は、別のチャンネルを観るのがおすすめです。

>>チャンネルはこちら

 

 

日本の魅力を探す旅

https://www.youtube.com/watch?v=8q-ZWqvSb0M

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA