中世

南蛮貿易でなぜ中国と日本が直接貿易をしなかったのか?

 

南蛮貿易でなぜ中国と日本が直接貿易をしなかったのですか?

っていう質問をいただいて、「良い質問!っていうか本質を突く質問!」って思ったので、勉強し直してまとめました。

 

 

日明貿易から南蛮貿易への流れ

 

日明貿易(勘合貿易)

  • 朝貢形式(日本国王の朝貢と明皇帝からの返礼という形式)
  • 明は自国民の出国を禁止(海禁政策)
  • 明は周辺国のリーダーに勘合という証明書を発行する
  • 日本商人は勘合を持った遣明船に乗って明の寧波などに行き、そこで交易をする

 

日明貿易(勘合貿易)と日朝貿易とは?東大卒の元社会科教員がわかりやすく解説【日本史26】本記事では、 日明貿易(勘合貿易)と日朝貿易 について説明をします。...

 

1400年頃に開始。

1408年に足利義満が死去した後、4代将軍の足利義持は朝貢形式を嫌って勘合貿易を中断

6代将軍の足利義教のもとで、貿易利益を求めて再開

15世紀後半、室町幕府の衰退とともに貿易の実権は大名(大内氏・細川氏)へと移る

16世紀になると、遣明船の派遣は大内氏と細川氏が独占。両者が実権をめぐって争う。

1523年、明の寧波で大内船が細川船を焼き払うという事件が発生(寧波の乱)

この争いに勝った大内氏が勘合貿易を独占

16世紀半ばに大内氏が滅亡し、それにともなって勘合貿易も断絶

 

 

中国商人との密貿易

勘合貿易は断絶したが、九州の大名が派遣した遣明船と中国商人との間で、福建地方などで密貿易が行われた(後期倭寇)

 

 

南蛮貿易

大航海時代のさなか、ポルトガルがインド洋沿岸から中国に至る交易ルートに参入

明政府は公的な貿易を認めなかったため、ポルトガル人は中国人倭寇と密貿易を行った

→こうした中で、種子島にポルトガル人を乗せた中国人倭寇の船が漂着する(→鉄砲を購入)。

明が倭寇を倒すのに協力した見返りとして、1557年にポルトガル人のマカオ定住が認められる

それ以降、ポルトガル船は日中間の中継貿易を行う

 

鉄砲伝来・キリスト教伝来・南蛮貿易(ヨーロッパ人との出会い)について東大卒の元社会科教員がわかりやすく解説【日本史29】
鉄砲伝来・キリスト教伝来・南蛮貿易(ヨーロッパ人との出会い)について東大卒の元社会科教員がわかりやすく解説【日本史29】こんにちは。もちおです。 本記事では、 ヨーロッパ人との出会い(鉄砲伝来・キリスト教伝来・南蛮貿易) について...

 

中国と日本が直接貿易をせず中継貿易に依存した理由

  • 明では自国民の出国を禁止する海禁政策が発動されていた。
  • 日本にとっては、わざわざリスクを冒して明まで行き、密貿易をしなくて済む。

 

ただ、日本は

  • ポルトガル人宣教師がキリスト教の布教する
  • 中国産生糸をポルトガル商人から高値で買わなければいけない

という問題に直面することになり、

といった対処をすることになった。

 

最終的には、江戸幕府はポルトガル船の来航を禁止し、こうして南蛮貿易は終了した。

 

鎖国(絵踏・寺請制度)について東大卒の元社会科教員がわかりやすく解説【日本史36-2】
鎖国(絵踏・寺請制度)について東大卒の元社会科教員がわかりやすく解説【日本史36-2】本記事では、 江戸幕府の対外政策(「鎖国」) について説明をします。...

 

 

 

おすすめの学習教材
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA