日本史

東久邇宮稔彦内閣の下での政策【日本の歴史】

 

東久邇宮稔彦が敗戦後の首相になった理由

ポツダム宣言受諾の3日後、皇族であり、かつ陸軍大将でもあった東久邇宮稔彦王(ひがしくにのみや なるひこ おう)が首相になりました。

 

敗戦後の首相を誰にするか?はものすごく重要!

なんで東久邇宮稔彦王が首相になったのか?

(理由)皇族かつ陸軍大将ってことで、「終戦にともなう手続きをスムーズにできるはず!」「軍の暴走を防げるはず!」って考えられたから。

 

 

東久邇宮稔彦内閣(1945.8〜1945.10)の下での政策

実際、東久邇宮稔彦内閣は以下のことをスムーズに実行します。

  • 連合国軍が日本に入ってくること(進駐受け入れ)
  • 陸海軍の解体
  • 降伏文書への調印

 

ところが、東久邇宮稔彦内閣が掲げた「一億総懺悔」「国体護持」という方針は、GHQとの対立を生みます。

 

 

一億総懺悔

東久邇宮稔彦王はいわゆる「一億総懺悔」発言をしました。

 

「一億総懺悔」発言

全国民総懺悔することがわが国再建の第一歩であり、わが国内団結の第一歩と信ずる。」

※当時、日本列島の日本人は約6000万人だったらしいんですけど、「一億」ってのは朝鮮や台湾の住民なども合わせた数だったようです。

 

この一億総懺悔発言は、日本の戦争責任が誰にあるのか?が曖昧になってしまうという意味で、日本の戦争責任を当時の政府・軍のトップに負わせる方針だったGHQからしたら困ったものでした。

 

 

国体護持

また、東久邇宮稔彦内閣はなんとしても天皇制を維持して、今までの国のあり方を壊さないようにしようとしました(国体護持)。

なので、天皇制を打倒しうる共産主義革命を抑えるために、治安維持法に基づく弾圧体制を維持したい!と考えていたようです。

 

 

人権指令への反発

ですが、GHQは1945年10月に「政治や宗教に関してどんな考えを持ってもOKだよってことを認めて、人々の人権を確保せよ」っていう指令を出しました(人権指令)。

 

人権指令

  • 治安維持法や特別高等警察(特高)を廃止せよ!
  • 共産党員などの政治犯をすぐに釈放せよ!

 

ですがこれは、東久邇宮稔彦内閣からしたら「ちょっと待ってくれよ」って感じです。

彼は国体護持の方針を掲げていて、「なんとしても天皇制を維持して、今までの国のあり方を壊さないようにしたい!」「天皇制を打倒しうる共産主義は認められない!」って考えていたから。

 

つまり、アメリカ的な自由の価値観と、これまでの日本的な価値観とが衝突したわけです。

※アメリカ的な価値観との衝突って、いろんな国で起きてますよね…

 

 

総辞職

結局、東久邇宮稔彦内閣は「人権指令は実行できん…」ってことで総辞職。成立から約50日で退陣した、むちゃくちゃ短命な内閣でした。

 

 

東久邇宮稔彦王内閣が総辞職した後、新たに幣原喜重郎内閣が成立。

1945年10月、幣原首相に対してマッカーサーは「5つの改革をせよ!」って指示します(五大改革指令)。

五大改革指令

  • 婦人参政権の付与
  • 労働組合の結成奨励
  • 教育制度の自由主義的改革
  • 秘密警察などの廃止
  • 経済機構の民主化

 

この指令を受けて、日本政府は様々な政策をどんどん実行していきました。

 

 

参考文献

関連:高校日本史Bの参考書・問題集を東大卒元教員が紹介【大学受験にもおすすめ】

関連:日本の歴史の漫画を東大卒元教員が比較して紹介

 

動画でも解説

※チャンネル登録お願いします!(クリック)

 

日本史の記事一覧はこちら

日本史を東大卒元社会科教員がわかりやすく解説した【日本史サイト】日本の歴史について解説した記事を一覧にしてまとめました。...

 

おすすめの学習教材
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA