現代の社会

【時差の求め方】東大卒の元社会科教員がわかりやすく簡単に解説

時差の求め方について東大卒の元社会科教員がわかりやすく簡単に解説

時差の計算って、頭がこんがらがりますよね。

 

もちお
もちお
「東経と西経ってどっちが早いんだっけ?」とか。

 

そこで本記事では、時差の求め方(公式みたいなもの)について説明をします!

 

この記事を読むと

  • 時差の前提知識がわかる
  • 時差の求め方がわかる
  • 日付変更線をまたぐ時差の求め方がわかる
  • 飛行機が出てくる時差の求め方がわかる

 

この記事の信頼性

僕(もちお)は元社会科教員

ざっくりと学校の勉強の経歴(?)を書くと、こんな感じ。

  • 小学生の時は偏差値40台だったけど、「学年で10位以内に入ったら携帯電話を買ってあげる」という親の甘い言葉で火がつき、猛勉強。その結果、
  • 中学生では、塾に行かずに学年1位
  • 高校では、学年で1ケタの順位をキープ
  • 東大文科三類不合格
  • 浪人(Oh…)
  • 東大模試で文科三類1位
  • 東大に合格

 

もちお
もちお
もちおです。TwitterYouTubeやっています! お問い合わせはこちら

 

時差の求め方の前提となる知識

社会科チャンネルやってます!チャンネル登録お願いします!

時差の計算方法(公式)を暗記・丸覚えしなくて済むように、本質的な部分を説明します。

 

もちお
もちお
「計算方法だけ知りたい」っていう人は、こちらをクリックしてください。

 

 

そもそも時差とは?

まず、なんで国ごとに時刻が決まっていて、「時差」というものがあるのか?についてです。

 

まず、「時刻」の簡単な歴史から。

太陽の画像

もともと人類は、太陽の位置で時の流れを判断していました。

でも、もちろん時計なんてものはなかった。

 

だから、「朝・昼・夜」っていう大雑把なとらえ方だったはずです。

 

もちお
もちお
時計を見ないで1日過ごすイメージをしてみるとわかりやすいかも。

 

時計の画像

やがて、人類は時計を発明します。

ただ、時計が発明されたとは言っても、この時計が表す時刻(●時●分)は、「その地域でしか使えない時刻」でした。

 

もちお
もちお
町Aに住む人が使っている時刻と、町Bに住む人が使っている時刻が、違ったってこと。

 

世界で統一の時計(時刻)というものは、最初はなかったんです。

 

まあ昔はそれでも大丈夫でした。

(町Aに住む人は、町Aから出ないから)

 

ロンドンの画像

でも、鉄道の発明などで人間の動く範囲が広がってくると、時刻がグチャグチャになって困ることになった。

そこで、世界で時刻を合わせよう!っていう動きが生まれました。

 

で、「じゃあ、どこかの時刻を基準にしよう!」ってなったんです。

 

もちお
もちお
それがロンドン。

 

基準となる時刻を、経度0度のロンドン(イギリス)の時刻としました。(本初子午線が通るところです)

 

で、ロンドンの時刻を基準に、

各国は「ロンドンの時間から数時間進んだ(遅れた)」時刻を、その国の時刻(=標準時としたんです。

 

この時間のズレを時差と言います。

 

時差の求め方について東大卒がわかりやすく簡単に解説する【飛行機も】

 

 

「経度15度で1時間の時差」の理由

世界地図の画像

じゃあ、ロンドンから見て、どれくらい時間をズラすか?を考えなければいけません。

 

もちお
もちお
結論を先に言うと、「経度が15度ズレるごとに、時差が1時間生まれる」としました。

 

これ、丸暗記している人が多いんですけど、丸暗記することじゃないです。

 

地球は1周360度です。

1日は24時間。

 

ってことは、地球は1時間でどれくらい回転するのか?というと、

360度 ÷ 24時間 = 15度

 

もちお
もちお
地球は1時間で15度回転するんです。

 

となると、例えば

  • ロンドンから経度が15度ズレている場所は、ロンドンと1時間の時差がある
  • ロンドンから経度が90度ズレている場所は、ロンドンと90 ÷ 15 = 6時間の時差がある

ってことが言えます。

 

このように、計算すれば理解できることなので、「経度15度で1時間の時差」は丸暗記する内容じゃないです。

 

 

 

「東の方が時刻が進んでいる」理由

地球儀の画像

でも、時差の計算の時に「東経と西経ってどっちが時間が早いんだっけ?」って混乱しがち。

 

もちお
もちお
で、「東の方が時刻が進んでいる」って丸暗記する人が多いんです。

 

ですが、これも丸暗記することじゃないです。

地球の自転について分かっていれば、「東の方が時刻が進んでいる」理由が理解できます。

 

イメージしやすいように、図を使って説明します。

 

時差の求め方について東大卒がわかりやすく簡単に解説する【飛行機も】

地球は反時計回りに自転しています。

 

で、今この地球を眺めている「あなた=太陽」とします。(ブログを見ている読者の視点が、太陽。)

 

もちお
もちお
太陽であるあなたが、このキモい地球を眺めているってこと。

 

時差の求め方について東大卒がわかりやすく簡単に解説する【飛行機も】

次に、片方の目だけ、まつ毛を付けます。(!?)

 

 

時差の求め方について東大卒がわかりやすく簡単に解説する【飛行機も】

ためしにこの地球を自転させてみると、こんな感じになりますね。

 

 

で、あなたは太陽です。

あなたと地球が目が合っている時は、地球からも太陽が見えているってことになりますよね。

地球の目からすると(地球の目のところにいる人からすると)、地球がクルクルと自転すると太陽が昇っているように見えます

 

もちお
もちお
これが日の出。

 

じゃあ、どっちの目の方が先に日の出をむかえるか?

もう一回、回転させてみるとわかります。

 

時差の求め方について東大卒がわかりやすく簡単に解説する【飛行機も】

まつ毛の目ですよね。

まつ毛の目の方が先に日の出をむかえる。

で、遅れて普通の目が日の出をむかえる。

まつ毛の目の方が「時刻が進んでいる」ってことになります。

 

時差の求め方について東大卒がわかりやすく簡単に解説する【飛行機も】

で、まつ毛の目は東西南北で言ったら東の方です。

 

もちお
もちお
こうやって考えてみると、「東の方が時刻が進んでいる」理由が納得できたのではないでしょうか。

 

ポイントは反時計回りに自転してるってことです。

ただ、「あれ?地球って時計回り?反時計回り?」ってところで悩むと終わりなので、最悪、丸暗記でも良いです。

 

おすすめは、聖徳太子を思い出すこと。

 

「日出ずる処の天子、書を日没する処の天子に致す。」っていう言葉がありました。

 

中国よりも日本の方が東にあって、その日本が「日出ずる」だから、東の方が先に日がのぼるってことです。

 

とにかく、日本は地球の中でも時刻が進んでいる方の国なんです。

 

 

日付変更線とは?

地球儀の画像

最後に、日付変更線って何なのか?についてです。

 

東経と西経でどっちが時間が進んでいるのか?について話をしましたが、

 

時差の求め方について東大卒がわかりやすく簡単に解説する【飛行機も】

ロンドンを基準にしているんだから、「ロンドンが一番時刻が進んでいて、ロンドンから1日がスタートする」っていうのでも良さそうな気がします。

 

もちお
もちお
ただ、これは不便なんです。

 

「軽度15度につき1時間の時差が生まれる」っていうのを24回くり返すと、

1周ぐるっと回ったところで24時間の時差が生まれる(丸1日ズレる)っていうことになりますよね。

 

つまり「丸1日ズレる境界線」を地球上のどこかに引かなきゃいけないわけですが、この境界線がロンドンにあると不便なんです。

 

時差の求め方について東大卒がわかりやすく簡単に解説する【飛行機も】
もちお
もちお
ロンドンは陸地ですから、簡単にこの境界線をまたげちゃうんですよね。

 

そうすると、「またいだら1日進む」「またいだら1日戻る」っていうのが簡単にできちゃう。

楽しいけど、不便です。

 

時差の求め方について東大卒がわかりやすく簡単に解説する【飛行機も】

で、ロンドンの反対側(180度向こう側)を見てみたら、ちょうど太平洋(海)だったんですよ。

 

「これはちょうどいい」ってなりました。

 

時差の求め方について東大卒がわかりやすく簡単に解説する【飛行機も】

ということで、ロンドンの真反対の海に「1日ずれる境界線」が作られました。これが日付変更線です。

 

ちなみにこれは豆知識ですが、

経度180度付近の国は、「1日遅れる」か「1日早い」か、どっちを選んでも良いことになっています。

日付変更線を自分の国の東側にズラすか?西側にズラすか?を、その国が決められるっていうことです。

 

時差の求め方について東大卒がわかりやすく簡単に解説する【飛行機も】

どっちを選んでも良いことになっているから、日付変更線はこうやって曲がってるんです。

「1日早い」のを選んだ国もあれば、「1日遅い」のを選んだ国もあるってこと。

 

次のページでは、時差の求め方について問題を解きながら説明します!

 

おすすめの中学地理の参考書↓

 

高校地理の参考書についてはこちらの記事で!

→高校地理Bの参考書・問題集を東大卒元社会科教員が紹介【おすすめ】

 

1 2
おすすめの学習教材
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA