地理

商業

 

流通

商品が生産者から消費者に渡ること。

 

一般的な流れ

生産者

卸売業(商社、問屋)

小売業(小売店)

消費者

 

卸売業(wholesale)

生産者から商品を仕入れて、小売業者に販売する業者。

 

中心都市に立地する。

(理由)小売業者が商品の仕入れに来やすい場所だから。

→販売額は中心都市で多くなる。

 

総合商社

様々な商品を扱う。欧米には存在しない日本独特の業態。

(例)三菱商事、伊藤忠商事、丸紅、三井物産、住友商事、豊田通商、双日

専門商社

特定の分野に特化する。

 

 

小売業(retail)

生産者や卸売業者から仕入れた商品を消費者に販売する業者。

 

各地域(消費者がいるところ)に立地する。

→販売額は人口が多いところで多くなる。

 

 

商圏

以下を大きくまとめて商圏と呼ぶ。

  • 生産者の仕入圏・供給圏
  • 卸売業の仕入圏・供給圏
  • 小売業の販売圏
  • 消費者の購買圏

 

日用品

→地方の小商店

中級品(買まわり品)

→中規模の都市

高級品

→大都市

 

 

商業

無店舗商業

原始的な無店舗商業

=販売者が移動する商業。

  • 振売
  • 行商
  • 訪問販売
  • 露天

 

新しい無店舗商業

  • 通信販売
  • 自動販売機

 

 

有店舗商業

百貨店(デパート)

商品展示場として使われ、購入はネット販売で…となりがち。

スーパーマーケット

日用品の販売。大型駐車場を備えた大きなスーパーマーケットは、地方都市の小商店を閉店に追い込む存在。

コンビニエンスストア

店舗が小さいので、品切れを防ぐためにPOS(販売時点情報管理)システムを利用することが必須。

専門店

 

 

 

日本の中小都市での消費行動

モータリゼーション

 

自動車が普及して、日常生活での自動車への依存度が高まること。

郊外の主要道路沿いに大型駐車場を備えたショッピングセンターが立地。

  • 郊外は地価が安い

駅前にある商店街の衰退

(理由)

  • 郊外の主要道路沿いのショッピングセンターに車で行く人が増えた。
  • 駅前の商店街は駐車場を十分に設置できない。
  • ネット通販が普及した。

 

 

地理のおすすめ参考書・問題集はこちら

高校地理Bの参考書・問題集を東大卒元社会科教員が紹介

中学社会の参考書・問題集を東大卒の元教員が紹介

 

参考文献

 

地理の記事一覧はこちら

高校地理まとめサイト【東大卒元社会科教員がわかりやすく解説】 地理について解説した記事を一覧にしてまとめました。 この記事の信頼性 僕(もちお)は、元社会科教員。 ...

 

おすすめの学習教材
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA