公民(政治経済・現代社会)

租税(税金)についてわかりやすくまとめた by東大卒元社会科教員【公民】

 

租税(税金)についてざっくりまとめました!

 

望岡 慶
望岡 慶
モチオカです。TwitterYouTubeやっています! お問い合わせはこちら

 

なぜ国民は税金を納めなければいけないのか?

グループのみんなで「より良い生活」を目指すためには、お金やそれに携わる人が必要になる。

→グループに所属する人々がその費用を負担するのは当然!

 

これが税金!

 

関連:なぜ政府が必要なのか

 

 

どれくらい税金を取るか?を決めるのは難しい

国(政府)がどこまで手を出すか?を決めるのは難しいし、

政策にどれくらいお金がかかるか?を正確に計算するのは難しいし、

国民がどれくらい反発するか?を予測するのは難しい!

 

 

 

税金はどうあるべきなのか?

みんなから公平に

 

 

余裕のある人からは多めに

関連:所得の再分配

 

 

税を本人から直接とる(直接税)

その人の特徴・事情に合わせて税をとることができる

※だから戦後、「世界で最もすぐれた税制を日本に構築するぞ!」ってやる気満々だったアメリカ人のシャウプは日本に「直接税中心主義でいこう!」って勧告した。

 

しかし、税を本人から直接とるのは面倒!取り損ねが起こりうる!

=自営業や農家の人は確定申告を行なって納税額を申告するが、ちょろまかしたりしている人もいる・・・

→少なくともサラリーマン・公務員からは源泉徴収 & 年末調整で取り損ねないようにする

※実際、古代律令制の時代に浮浪・逃亡・偽籍により税を一人一人からうまく取り立てられなくなった(→受領に税を集めるのを任せた)・・・という歴史がある。

 

 

望岡 慶
望岡 慶
税を本人から直接とるのは結構難しい!(公平だけど)

 

所得補足率「クロヨン(9・6・4)」

  • サラリーマン:約9割
  • 自営業:約6割
  • 農家:約4割

参考:クロヨン(Wikipedia)

 

※一人一人の特徴・事情を把握するのは困難

→だからマイナンバー制度が導入された

 

 

税を代表者からとる(間接税)

一人一人の特徴・事情に合わせて税をとることはできないけど取り損ねが起こりにくい

関連:受領(古代日本史)

 

 

目的に合わせてとる(使途を限定する)

→特税財源・目的税

 

 

税金にはどんな種類があるのか?

国税・地方税の税目・内訳(財務省)

 

納入先による分類

国税

 

地方税

地方税制度(総務省)

 

 

課税対象による分類

所得課税

資産課税(財産税)

消費課税

 

所得課税

【地方税】

 

 

資産課税(財産税)

【地方税】

など

 

 

消費課税

【国税】

  • 消費税
  • 酒税
  • たばこ税
  • 揮発油税
  • 関税

など

 

消費税の推移

3%(1989.4〜)

→5%(1997.4)

→8%(2014.4)

→10%(2019.10)

 

 

納税義務者と担税者の関係による分類

直接税

税金を納める人(納税者)と負担する人(担税者)が同じ税

人によって税率が異なる→累進性(課税対象が多くなると税負担が重くなる)

 

 

間接税

税金を納める人(納税者)と負担する人(担税者)が異なる税

誰でも税率が同じ→逆進性(所得が低いと税負担が重くなる)

 

※戦前日本の税制度は間接税中心(→戦後、1950年のシャウプ勧告を経て直接税中心に

※間接税でも支払い時にマイナンバーカードを使えば税率を変えることができる?

 

 

税金が足りない場合はどうするのか?

→公債を発行して資金を借り入れる(国債・地方債)

 

国債

短期国債 償還期間が1年以下
中期国債 償還期間が1年超~5年
長期国債 償還期間が5年超~10年
超長期国債 償還期間が10年超
特例(赤字)国債 一般会計予算の歳入の不足分を補うためにやむを得ず発行する公債。財政法で発行が禁止されているため、1975(昭和50)年度の補正予算から「公債の発行の特例に関する法律」(財政特例法)を制定し、これに基づいて発行される。引用:政治・経済用語集
建設国債 財政法第4条で認められている国債。公共事業費、出資金および貸付金の財源に用いる場合にのみ許され、1966(昭和41)年度から発行されている。引用:政治・経済用語集

 

 

なぜ建設国債は許されている?

建設したインフラは将来にわたって長期間使うので、借金により次の世代に負担を課すことが正当化される。

 

 

国債の発行の仕方

https://www.mof.go.jp/jgbs/publication/debt_management_report/2017/saimu2017-2-1.pdf

 

 

国債の買い方

国債は、いつ、どこで購入できますか(財務省)

 

国民は、間接的に公債を買っている(←金融機関に入れたお金を通して)

公債を買っている主体

  • 郵便貯金銀行
  • 生命保険会社
  • 損害保険会社
  • 証券会社
  • 銀行

関連:金融機関・銀行について

 

 

租税(税金)に関するトピック

・所得控除

・脱税

・マネーロンダリング

・インボイス

・環境税

 

 

望岡 慶
望岡 慶
最後までお読みいただきありがとうございました!

 

参考文献

 

公民の記事・動画一覧はこちら

【公民・政治経済サイト】中学公民・高校政治経済をわかりやすく解説

【公民・政治経済サイト】中学公民・高校政治経済をわかりやすく解説中学の公民(高校の政治経済)について解説した記事を一覧にしてまとめました。...

 

公民を解説したYouTube動画まとめ(準備中)

 

 

関連:中学社会の参考書・問題集を東大卒の元教員が紹介

 

おすすめの学習教材

社会に意見を言えるようになりたい人へ

社会に自分の意見を言えるようになりたい人へいろんな社会問題の構造・基礎知識をわかりやすくまとめつつ、僕が考えたことを解説します!深掘りしすぎず、中学生にもわかるように本質をまとめるつもりです!...

 

通信教育

(小学)通信教育まとめ記事

 

(中学)通信教育まとめ記事

 

(高校)通信教育まとめ記事

 

(不登校)通信教育まとめ記事

 

→家庭教師がいい人はこちらで探せます!

 

 

学習漫画・参考書

日本史の漫画まとめ記事

 

(中学)歴史の参考書まとめ

 

(高校)日本史の参考書まとめ

 

(高校)地理の参考書・問題集

 

社会科チャンネル

 

社会科(歴史・地理・公民・政治経済)の内容について、本質的な部分をわかりやすく解説するチャンネルです。

【方針】

  • 「つまりどういうことなの?」「なんでこれが大事なの?」ってのを解説する(木で例えると、葉っぱの部分じゃなくて幹の部分を説明する感じ)
  • 細かい内容は省略する
  • 社会科は人間の営みに関する学問なので、当事者のことをちゃんとイメージする(人間の心理も考える)
  • 「社会は暗記すればOK!わからなくても覚えりゃいい!」っていう人を減らす

 

【対象】

  • 中学生〜大人(本質的な部分を解説しているので、中学社会にも高校社会にも対応しているはず!)

※細かい内容はあまり扱わないので、細かくてマニアックな内容を求めている人は満足できないと思います。マニアックさを求めている人は、別のチャンネルを観るのがおすすめです。

>>チャンネルはこちら

 

 

日本の魅力を探す旅

https://www.youtube.com/watch?v=8q-ZWqvSb0M

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA