公民(政治経済・現代社会)

景気と金融政策について東大卒元社会科教員がまとめた【公民】

 

景気と金融政策についてざっくりまとめました!

本記事の内容

  • 景気とは?
  • そもそも経済活動とは?
  • なぜ金融政策が必要なのか?

 

望岡 慶
望岡 慶
モチオカです。TwitterYouTubeやっています! お問い合わせはこちら

 

景気とは

望岡 慶
望岡 慶
言葉の定義を確認しながら、なぜ好景気が起きるのか?なぜ不景気が起きるのか?について説明していきます!

 

景気

売買や取引など、経済が活発に行なわれているか否かを示す用語。経済活動全体の動きを示す用語。

引用:政治・経済用語集

 

 

そもそも経済活動とは?

経済活動

人間の生活に必要なものを生産・分配・消費する活動のこと。

 

 

人間は一人一人、欲求が異なる

  • 何がほしいのか?
  • どれくらいの量ほしいのか?

は一人一人異なる

「ほしい!」っていう欲求の強弱により、経済活動の活発さも変わってくる!

 

①「ほしい!」っていう欲求が強い場合(=貪欲ムード)

「ほしい!」って思う人が増える

そのモノを作っている人はより一生懸命作るようになる(←売れば儲かるので)

「ほしい!」って思う人のもとにモノが届くようにするために、分配活動も活発になる

人手が足りなくなる

企業は人を集めるために給料を上げる

より多くのお金をゲットした人はますます「ほしい!」っていう欲を深める

以下ループ

②「ほしい!」っていう欲求が弱い場合(=無欲ムード)

「ほしい!」って思う人が減る

そのモノを作っている人はやる気がなくなる(←売れなくて儲からなくなるので)

「ほしい!」って思う人が少ないので、分配活動も停滞する

人手が余る

企業は給料を上げなくなる

お金がちっとも増えていかないので、「ほしい!」っていう欲が下がってくる

以下ループ

 

 

一人一人の欲求が束になって、全体としてムードが生じる

人間の欲求は一人一人異なるし、一人一人の欲求は刻々と変化する

→そうした一人一人の欲求が束になったもの(=欲求を社会全体で捉えたもの)景気

 

経済活動(=人間の「ほしい!」という欲求と、その欲求を満たすための生産・分配活動)

  • むっちゃ活発→ 好景気
  • いまいち活発じゃない → 不景気

 

 

 

好景気(好況)

モノを「ほしい!」って思いまくる

=「貨幣という形で価値を保有しておくよりもモノを買って価値を手に入れる方がいい」って判断している

=貨幣の価値よりもモノの価値の方が大きい

→モノの値段(物価)が上がる=インフレーション

 

参考:価格と価値について

 

 

不景気(不況)

モノを「ほしい!」って思わない

=「モノを買って価値を手に入れるよりも貨幣という形で価値を保有しておいた方がいい」って判断している

=モノの価値よりも貨幣の価値の方が大きい

→モノの値段(物価)が下がる=デフレーション

 

参考:価格と価値について

 

 

景気(全体のムード)を変えるにはどうしたらいい?

一人一人の欲求が束になったものが景気。景気という全体のムードが一人一人の人間の感情を強化するので、全体のムードを変えるのは難しい

 

「ほしい!」って思う人が多い

→全体として「ほしい!」っていうムードになる

→そのムードに引きずられて「ほしい!」って思う人がさらに増える

→ムードを変えるのは難しくなる

 

授業中にシーンとしている時に、教員から「今から近くの4人で○○について話し合ってください」って言われても難しいですよね。誰も喋っていない静かな環境で、いきなり声を出して話し合うのはキツイ・・・。これに似てる。

んで、教員が「静かなムード」を変えるために何か言ったり音楽をかけたりする。これがムードを変えるための働きかけ。

→そういう”大きな存在”(←教員)の介入がきっかけで、全体のムードが変わることがある。

※でも、だからといって(何かを言ったり音楽をかけたりしたからといって)、本当にムードが変わるとは限らない。結局は一人一人の人間の感情が束になったものが全体のムードなので。一人一人の人間の感情を変化させるのは難しい。

 

 

 

いずれにせよ、景気を変えるには(=一人一人の欲求を変化させるには)”大きな存在”による介入が必要だったりする。

 

介入は2種類!

日本銀行による金融政策

日本政府による財政政策

 

 

 

日本銀行による金融政策

公開市場操作(オペレーション)を行う

 

好景気を抑えたい時

日本銀行が銀行に国債を売って、銀行から貨幣を吸い上げる

=市場に出回っている貨幣の量を減らす

→貨幣がレアなものになって、貨幣の価値が上がる

→「モノを買って価値を手に入れるよりも貨幣という形で価値を保有しておいた方がいい」って判断させる

→経済活動を抑える

 

不景気を抑えたい時

日本銀行が銀行から国債を買って、銀行に貨幣を渡す

=市場に出回っている貨幣の量を増やす

→貨幣がありふれたものになって、貨幣の価値が下がる

→「貨幣という形で価値を保有しておくよりもモノを買って価値を手に入れる方がいい」って判断させる

→経済活動を活発にする

 

 

日本政府による財政政策

好景気を抑えたい時

財政支出縮小(公共事業を減らす)

増税(企業や家計の消費を減らす)

→市場に出回っている貨幣の量を減らす

→貨幣がレアなものになって、貨幣の価値が上がる

→「モノを買って価値を手に入れるよりも貨幣という形で価値を保有しておいた方がいい」って判断させる

→経済活動を抑える

 

不景気を抑えたい時

財政支出拡大(公共事業を増やす)

減税(企業や家計の消費を増やす)

→市場に出回っている貨幣の量を増やす

→貨幣がありふれたものになって、貨幣の価値が下がる

→「貨幣という形で価値を保有しておくよりもモノを買って価値を手に入れる方がいい」って判断させる

→経済活動を活発にする

 

 

 

望岡 慶
望岡 慶
最後までお読みいただきありがとうございました!

 

参考文献

 

公民の記事・動画一覧はこちら

【公民・政治経済サイト】中学公民・高校政治経済をわかりやすく解説

【公民・政治経済サイト】中学公民・高校政治経済をわかりやすく解説中学の公民(高校の政治経済)について解説した記事を一覧にしてまとめました。...

 

公民を解説したYouTube動画まとめ(準備中)

 

 

関連:中学社会の参考書・問題集を東大卒の元教員が紹介

 

おすすめの学習教材

通信教育

(小学)通信教育まとめ記事

 

(中学)通信教育まとめ記事

 

(高校)通信教育まとめ記事

 

(不登校)通信教育まとめ記事

 

→家庭教師がいい人はこちらで探せます!

 

 

学習漫画・参考書

日本史の漫画まとめ記事

 

(中学)歴史の参考書まとめ

 

(高校)日本史の参考書まとめ

 

(高校)地理の参考書・問題集

 

社会科チャンネル

 

社会科(歴史・地理・公民・政治経済)の内容について、本質的な部分をわかりやすく解説するチャンネルです。

【方針】

  • 「つまりどういうことなの?」「なんでこれが大事なの?」ってのを解説する(木で例えると、葉っぱの部分じゃなくて幹の部分を説明する感じ)
  • 細かい内容は省略する
  • 社会科は人間の営みに関する学問なので、当事者のことをちゃんとイメージする(人間の心理も考える)
  • 「社会は暗記すればOK!わからなくても覚えりゃいい!」っていう人を減らす

 

【対象】

  • 中学生〜大人(本質的な部分を解説しているので、中学社会にも高校社会にも対応しているはず!)

※細かい内容はあまり扱わないので、細かくてマニアックな内容を求めている人は満足できないと思います。マニアックさを求めている人は、別のチャンネルを観るのがおすすめです。

>>チャンネルはこちら

 

 

日本の魅力を探す旅

https://www.youtube.com/watch?v=8q-ZWqvSb0M

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA