地理

環境問題

 

地球温暖化

原因

大気中の温室効果ガスの濃度が上昇

→地球からの放熱が妨げられる

 

温室効果ガスの例

  • 二酸化炭素(←化石燃料などの燃焼)
  • フロン(←冷蔵庫やエアコンの冷媒)
  • メタン(←家畜の糞・ゲップ)

 

影響

・氷河の融解による海面上昇

・異常気象(豪雨、干ばつ)

 

 

対策

1992年:国連環境開発会議(地球サミット) @リオデジャネイロ

→気候変動枠組条約

  • これ以降、条約締結国の間で締結国会議(COP)が開催されることに

1997年:COP3 @京都

→京都議定書

  • 温室効果ガス削減の目標数値が初めて設定された
  • 中国やインドなどの発展途上国には目標数値は設定されず

2015年:COP21 @パリ

→パリ協定

  • すべての国に対して、温室効果ガスの削減目標の作成、削減状況の報告などを義務づけた

 

 

オゾン層破壊

原因

・フロン

 

影響

地表に到達する紫外線が増加

→皮膚ガンや目の異常などの増加

 

対策

 

 

熱帯林の破壊

原因

・焼畑の拡大

・薪炭材の過伐採

・木材伐採

・放牧地やプランテーション農園への転換

・資源の開発にともなう伐採

 

代表例

ブラジル

  • アマゾン横断道路の建設(→入植者が過耕作、過放牧、過伐採)
  • カラジャス鉄山などの鉱山開発

カラジャス鉄山

東南アジア

  • 輸出用木材伐採
  • 天然ゴムや油ヤシのプランテーション農園への転換
  • エビ養殖池を作るためのマングローブ林の伐採

 

影響

・二酸化炭素の吸収量の減少

・洪水を抑制

・土壌の流出や土砂崩れの増加

・動植物や微生物の減少

 

対策

 

 

砂漠化

原因

・降水量の減少

・過耕作、過放牧、過伐採

 

代表例

サヘル地域

 

影響

植物が育たなくなる

 

対策

 

 

塩害

原因

乾燥地域での過剰な灌漑

→土壌中の塩類が地表に集積する

 

代表例

オーストラリア

 

影響

植物が育たなくなる

 

対策

 

 

酸性雨

原因

・硫黄酸化物、窒素酸化物(←火力発電所や工場の排煙、自動車の排気ガス)

 

代表例

ヨーロッパ

北アメリカの後醍醐沿岸

 

影響

・土壌や湖沼の酸性化による生態系の破壊

・森林の枯死

・建造物の融解

 

対策

1979年:長距離越境大気汚染条約

 

地理のおすすめ参考書・問題集はこちら

高校地理Bの参考書・問題集を東大卒元社会科教員が紹介

中学社会の参考書・問題集を東大卒の元教員が紹介

 

参考文献

 

地理の記事一覧はこちら

高校地理まとめサイト【東大卒元社会科教員がわかりやすく解説】 地理について解説した記事を一覧にしてまとめました。 この記事の信頼性 僕(もちお)は、元社会科教員。 ...

 

おすすめの学習教材
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA