日本史

冷戦の展開(緊張緩和と日本外交)【日本の歴史】

 

※執筆中です

 

この記事の信頼性

僕(もちお)は、元社会科教員。

  • 日本史についてそれなりにくわしい。

僕(もちお)は、東大入試で日本史を選択。

  • 日本史についてそれなりにくわしい。

 

望岡 慶
望岡 慶
モチオカです。TwitterYouTubeやっています! お問い合わせはこちら

 

冷戦の展開

冷戦体制の形成

第二次世界対戦後、資本主義の西側陣営と、社会主義の東側陣営との間で、冷戦が激化した。核兵器にもとづく恐怖の均衡から、米ソの全面戦争は回避された。冷戦は、朝鮮戦争のように「熱戦」もまじえつつ、激しくなった。

 

 

緊張緩和・多極化

1953年にソ連のスターリンが死去すると、ソ連は平和共存路線へと転換し、1950年代半ばから東西の緊張が緩和していった。東側では、1956年頃から中ソ対立が表面化した。また、この時期から第三勢力が形成され始めた(多極化)。1955年のアジア・アフリカ会議は、その象徴的な出来事である。

 

 

そうしたなかで、鳩山一郎内閣はアメリカから自立した外交を展開しようとした。その結果、1956年に日ソ共同宣言が調印された。これをうけて、日本の加盟に対して拒否権を発動してきたソ連も加盟賛成にまわり、1956年に国連加盟が実現した。岸信介内閣はアメリカ重視の姿勢を復活させ、その上で日米関係をより対等なものに変えていこうとして、1960年に日米安全保障条約を改定した。

 

 

米ソ核戦争の一歩手前までいった1962年のキューバ危機後、緊張緩和と多極化が本格化した。1960~70年代はアメリカとソ連に陰りが見えてきた時期だった。アメリカは、ベトナム戦争での巨額の戦費や、日本・西ドイツの成長により、国際的地位を低下させた。貿易赤字や財政赤字も深刻化した。一方、ソ連は計画経済のもとで、経済が停滞していた。このような中で起きた1973年の石油危機後の世界同時不況は、主要国同士の協力の必要性を高め、1975年から先進国首脳会議(サミット)が開催されることになった。第三勢力として、イスラム原理主義も力を伸ばした。1979年にはイラン革命が起こり、イランは反米となった。

 

 

新冷戦

緊張緩和は、1979年にソ連のアフガニスタン侵攻により終わり、「新冷戦」の時代になった。新冷戦による軍事費の増大はアメリカとソ連の経済に危機をもたらした。

 

 

冷戦の終結

ソ連では1985年にゴルバチョフがトップになると、米ソ関係の改善とソ連の立て直しを進めた。しかし、ソ連の立て直しは成功しなかった。

このような中で、1989年に東ヨーロッパで次々と社会主義政権が倒れ、1990年に東西ドイツが統一された。この勢いはソ連にも及び、1991年、ソ連が解体した。こうして冷戦は終結したものの、かえって世界各地で地域紛争が深刻となった。

 

望岡 慶
望岡 慶
最後までお読みいただきありがとうございました!

 

動画でも解説

※チャンネル登録お願いします!(クリック)

 

日本史の記事・動画一覧はこちら

日本史まとめ記事【日本史サイト】

【日本史サイト】日本史を東大卒元社会科教員がわかりやすく解説した日本の歴史について解説した記事を一覧にしてまとめました。...

 

日本史を解説したYouTube動画まとめ

日本史を解説したYouTube動画まとめ【わかりやすい】社会科チャンネルで投稿している日本史解説動画(YouTube動画)を一覧にしました。...

 

参考文献

関連:高校日本史Bの参考書・問題集を東大卒元教員が紹介【大学受験にもおすすめ】

関連:日本の歴史の漫画を東大卒元教員が比較して紹介

 

おすすめの学習教材

通信教育

(小学)通信教育まとめ記事

 

(中学)通信教育まとめ記事

 

(高校)通信教育まとめ記事

 

(不登校)通信教育まとめ記事

 

→家庭教師がいい人はこちらで探せます!

 

 

学習漫画・参考書

日本史の漫画まとめ記事

 

(中学)歴史の参考書まとめ

 

(高校)日本史の参考書まとめ

 

(高校)地理の参考書・問題集

 

社会科チャンネル

 

社会科(歴史・地理・公民・政治経済)の内容について、本質的な部分をわかりやすく解説するチャンネルです。

【方針】

  • 「つまりどういうことなの?」「なんでこれが大事なの?」ってのを解説する(木で例えると、葉っぱの部分じゃなくて幹の部分を説明する感じ)
  • 細かい内容は省略する
  • 社会科は人間の営みに関する学問なので、当事者のことをちゃんとイメージする(人間の心理も考える)
  • 「社会は暗記すればOK!わからなくても覚えりゃいい!」っていう人を減らす

 

【対象】

  • 中学生〜大人(本質的な部分を解説しているので、中学社会にも高校社会にも対応しているはず!)

※細かい内容はあまり扱わないので、細かくてマニアックな内容を求めている人は満足できないと思います。マニアックさを求めている人は、別のチャンネルを観るのがおすすめです。

>>チャンネルはこちら

 

 

日本の魅力を探す旅

https://www.youtube.com/watch?v=8q-ZWqvSb0M

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA