世の中

教員の人手不足の解決法を考えてみた

 

前回の記事の続きです

教員を増やすのはムリだと思うしやめた方がいいと思う

教員を増やすのはムリだと思うしやめた方がいいと思う 教員の人手不足問題がマジで深刻なので、自分(←元教員)の経験も踏まえて教員の人手不足の解決法を考えてみました。 現役の教員...

 

教員の人手不足の具体的な解決策

教員の人手不足問題を解決するためには2つの方向性

①教員の数を増やす

②教員の数が少なくても大丈夫にする

があるけど、2つ目の方向性=「教員の数が少なくても大丈夫にする」方向に突き進むべき!ってのが僕の意見です。

 

で、「こうすればいいんじゃないの?」って思ってる具体策がこちら↓

  • 教員の業務の優先順位を明確にする
  • (世間からの反発を覚悟で)防犯カメラを導入する
  • (教員からの反発を覚悟で)動画授業を導入する
  • (教員からの反発を覚悟で)担任制を廃止する

 

教員の業務の優先順位を明確にする

教員がありとあらゆることをちゃんとやろう!(=学校の仕事は全部大事!)って思いすぎなんです。僕は教員の業務の優先順位を次のように決めちゃうのがいいと思っています。

【優先度1】生徒が学校内で安全に過ごせるようにするための業務(安全管理・生徒指導など)

【優先度2】生徒が学力を身につけられるようにするための業務(教材研究・授業準備など)

【優先度3】それ以外の業務(掲示物作成・連絡ノートの確認など)

 

授業が最優先じゃないよ!ってのが、現役の教員の方々からの反発を喰らいそうな点…。

 

 

防犯カメラを導入する

教室や廊下など、いろんなところに防犯カメラ(とマイク)を設置するのがいいんじゃないのかな?って思います。

防犯カメラをつければ…

  • 生徒同士のトラブルの抑止になる
  • 教員のパワハラ防止になる
  • トラブルが起きた後の事実確認が楽になる
  • 授業を記録することで、授業の質向上につながる(←どうせほとんどの人は見返さないと思うけど)

 

「生徒を監視するなんてありえない!」って反発されそうなのはわかっています。

でも現代の日本っていろんな場所に防犯カメラがついていますよね。「監視されている…!」「窮屈だ…!」って思います?もはやカメラがついていることなんて意識しないですよね?むしろ安心しません?

「カメラがついていて嫌だ」って思う人よりも「カメラがついているから安心だ」って思う人の方が多いんじゃないのかな。

 

あと「カメラをつけると、見えないところでイジメが起きやすくなる」っていう反論。そりゃそうかもしれないけど、カメラを設置して”見えないところ”を減らした方がいいと思います。

 

 

動画授業を導入する

基本的な知識を獲得するための授業は思い切って動画授業へと転換。わかりやすい授業動画はたくさんあるし、生徒にとっても巻き戻したり再生スピードを変えられたりと便利なので。

ただ、全ての授業を動画でやるわけではなく、協働が必要な授業は一斉授業方式で行います。

※僕が勤務していた学校ではiPadがたくさん配備されていて、授業でiPadを1人1台使うことができました。ので、動画授業をやってみたことがあるんだけど、「○○先生ならではの要素ってどこにあるの?」って否定的に言われたりもしました。代替不可能な授業じゃないとダメだ!って考える抵抗勢力が学校にはたくさんいるので、実際に動画授業を導入するのは難しいとは思います。でも、そんなこと言ってたら教員の負担を少なくするなんてできないと思うんですよね。

 

※動画授業を導入すれば、授業時間を圧縮して時間割を大幅に変更することもできるはず

学校の部活動問題・教員の長時間労働問題を解決する画期的なアイディアを思いついた

 

 

担任制を廃止する

特定の教員に業務が偏る原因の一つになっているのが担任制度だと思っています。担任1人で抱えるからしんどいんですよ。それに、担任を固定化するから「あのクラスは担任がいいから…」「このクラスは担任がダメだから…」みたいなことが起こるんです。

 

ので、思いきって担任っていう制度を無くして、学年職員全員で学年の生徒全員の担任をする!みたいな感じにした方がいいのでは。

こうすれば、学年内で起きたトラブルへの対処の際に役割分担しやすくなるし、業務負担が均質化するし、年休をとりやすくなるはずです。「来年は○○先生のクラスにはしないでください」っていう保護者の要求も無くなります。「ダメ」と(陰で)言われている教員の負担軽減にもつながります。

 

朝の会とか給食とか、各クラスに教員が一人以上つく必要がある場合は、「今週は1組」「来週は2組」みたいな感じで1週間でローテーションすればOK。

 

 

…って思うんですけど、どうでしょうか?

今までのやり方を維持したまま人手不足を解消するのはムリだと思うので、教員自身も変化を受け入れなきゃいけないんじゃないのかなって思います。

 

望岡 慶
望岡 慶
最後までお読みいただきありがとうございました!

 

教育問題について考えたことをまとめた記事はこちら

教育問題について考えたこと

教育問題について考えたこと 教育について考えたことをまとめました。 教育問題 教員の長時間労働 学校の部活動問題・教員の長時間...

 

おすすめの学習教材

学習漫画・参考書

日本史の漫画まとめ記事

 

(中学)歴史の参考書まとめ

 

(高校)日本史の参考書まとめ

 

(高校)地理の参考書・問題集

 

通信教育

(小学)通信教育まとめ記事

 

(中学)通信教育まとめ記事

 

(高校)通信教育まとめ記事

 

(不登校)通信教育まとめ記事

 

→家庭教師がいい人はこちらで探せます!

 

社会科の本質をわかりやすく【旧”社会科チャンネル”】

 

社会科(歴史・地理・公民)の内容について、本質的な部分をわかりやすく解説するチャンネルです。

【方針】

  • 「つまりどういうことなの?」「なんでこれが大事なの?」ってのを解説する(木で例えると、葉っぱの部分じゃなくて幹の部分を説明する感じ)
  • 細かい内容は省略する
  • 社会科は人間の営みに関する学問なので、当事者のことをちゃんとイメージする(人間の心理も考える)
  • 「社会は暗記すればOK!わからなくても覚えりゃいい!」っていう人を減らす

 

【対象】

  • 中学生〜大人(本質的な部分を解説しているので、中学社会にも高校社会にも対応しているはず!)

※細かい内容はあまり扱わないので、細かくてマニアックな内容を求めている人は満足できないと思います。マニアックさを求めている人は、別のチャンネルを観るのがおすすめです。

>>チャンネルはこちら

 

 

歴史観光Vlog

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA