地理

林業

 

林業

世界の森林面積=陸地面積の約3割

 

木材の用途

  • パルプ
  • 合板材
  • 建築材
  • 薪炭材

 

熱帯林

蓄積量は豊富だが、開発が遅れていた

  • 多種類の樹木が混在→伐採に手間・経費がかかる
  • 労働力が不足
  • 大市場が遠い
  • 輸送機関が整備されていない

しかし近年、開発が進む

  • 温帯林の枯渇
  • 先進国の資本・技術を投下

 

チーク

堅硬でひずみが少なく、油分を含むため、虫害や鉄による腐敗を防ぐ。船材、建築材、車両材などに利用。インド、タイ、ミャンマー、マレーシアなどで産出される。

ワラン

淡紅色をなし、美しい。合板材、床材、家具材などに利用。フィリピン、カリマンタン島などで産出される。

ユーカリ

葉からとれるユーカリ油を薬品や香料として利用。オーストラリアでの自然発火による山火事の一因。

 

温帯林

昔から開発されていたため、天然林は少ない。

 

シイ(椎)

やや硬くて弾力に富む。建築材として土台・屋根板などに利用。シイタケ栽培の原木にも利用。日本列島の中部以南の暖地に分布。

カシ(樫)

材質は強くて弾性に富み、湿気にも強い。船舶・車両、薪炭材などに利用。

ブナ(橅)

建築材、家具材、床板、合板、パルプ材、薪炭材として利用。

ナラ(楢)

硬く緻密。建築材、家具、洋酒の樽材、薪炭材などに利用。シイタケ栽培の原木にも利用。

スギ(杉)

 

ヒノキ(檜)

木目が直通で精緻。腐りにくく保存性に優れる。芳香や光沢がある。日本建築の最高材。

 

冷帯林

開発しやすい

  • 軟木が多く、加工しやすい→製材・パルプ材
  • 純林であることが多い(→伐採の手間・経費が小さい)
  • 大市場に近い

 

エゾマツ(蝦夷松)

パルプ材、建築、包装、楽器などに利用。

カラマツ(唐松)

耐湿性がある。建築の土台、橋、坑木などに利用。

 

 

林業が発達する条件

  • 有用樹がまとまって大量に存在する
  • 伐採・運搬しやすい
  • 労働力・資本に恵まれている
  • 輸送機関が整備されている

 

 

日本の林業の課題

  • 木材自給率は3割
  • 林業従事者の高齢化、後継者不足
  • 森林所有権が集約されていない
  • 地籍測量がなされていないので境界がわからない(所有者不明の土地も少なくない)

→非効率な林業

 

 

森林と地球温暖化

日本は国土の3分の2が森林で、恵まれた自然環境を有しているが、森林面積を増やす余地は少ない。

→既存の森林がより二酸化炭素を吸収できるようにする必要がある。

  • 間伐
  • 木材の利用

※林齢が上がるにつれて、木の成長・二酸化炭素吸収量は減少する。
※日本の人工林の多くが1960年代までに植林されたもの。

 

日本の林業の問題

山林が放置されている

  • 労働力不足
  • 国内外の木材価格差が大きくなった

生産性を上げるために機械化を進める必要がある

  • 土地の所有者が協同して、大型の機械が入る道路網を作る

 

ところが、山林の集団管理が進まない

  • 森林管理を放棄した地主の存在
  • 不在地主の存在
  • 相続人が見つからない

 

参考:2100年、人口3分の1の日本』

 

林業について学べる本・映画

僕が実際に読んだ本・観た映画を紹介します!

 

本『図解 知識ゼロからの林業入門』(2016)

 

本『絶望の林業』(2019)

 

本『森林・林業はよみがえるか』(2016)

 

本『林業がつくる日本の森林』(2016)

 

映画『WOOD JOB! ~神去なあなあ日常~』

林業の問題点についてはあまりわからないけど、林業のイメージをざっくりつかむのにおすすめ。普通に面白い。長澤まさみがかわいい。

 

 

 

地理のおすすめ参考書・問題集はこちら

高校地理Bの参考書・問題集を東大卒元社会科教員が紹介

中学社会の参考書・問題集を東大卒の元教員が紹介

 

参考文献

 

地理の記事一覧はこちら

高校地理まとめサイト【東大卒元社会科教員がわかりやすく解説】 地理について解説した記事を一覧にしてまとめました。 この記事の信頼性 僕(もちお)は、元社会科教員。 ...

 

おすすめの学習教材
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA