福岡県

【続100名城めぐり #1】小倉城(181)【旅行ブログ】

 

2022年3月に小倉城に行ってきました。

その旅行記をブログ記事として残しておきます!

 

 

門司港駅から小倉駅へと向かう

門司港レトロを楽しんだ後、普通列車で小倉駅へと向かいました。

 

 

小倉駅に到着!ここから歩いて小倉城へと向かいます!

 

 

小倉駅から小倉城へ

小倉城の城下町(町人地)

小倉駅の近くには大きな商店街があって、ザ・繁華街!って感じでした。

こういう商店街の雰囲気、あまり慣れていないので緊張。。。

 

 

商店街を抜けると川があり、常盤橋という橋がかかっていました。

 

 

この橋を挟んで西側が武士が住んでいた地域、東側が町人が住んでいた地域だったらしいです。

さっき通った商店街は、昔は町人が住んでいた地域だったわけです。

「小倉駅の近くってなんかゴチャゴチャしているなあ…(若者が多くて居酒屋が多い繁華街だなあ)」って第一印象で思ったんですけど、城下町の町人地だった、っていう過去があるからなんですね。なるほど。

 

武士が住んでいたエリア(小倉城方面)へと向かいます。

 

 

長崎街道

そしてこの橋を渡った先にある道が、、、

 

江戸時代に整備された、長崎街道という道です。

 

小倉から長崎に至るルート。

外国との交易を制限する「鎖国」政策のもとで唯一、外国との交易を行うことができた港の長崎へと通じるルートということで、長崎街道はとても重要なルートだったらしいです。

望岡 慶
望岡 慶
小倉は交通の要衝だったわけですね!なるほどー!

 

 

しばらく歩くと、派手な建物がありました。リバーウォーク北九州という商業施設で、北九州を発展させよう!っていう計画のもと作られたみたいです。

 

 

小倉城

リバーウォーク北九州を抜けると、目の前には小倉城が!きたー!

 

 

立派な堀です。最近、お城にハマってきました笑

 

 

望岡 慶
望岡 慶
城によって石垣の雰囲気が違ったりして、結構面白いです!

 

 

武蔵と小次郎の像。北九州は武蔵・小次郎をやたらと推してますよね。

 

 

そしてこちらが小倉城の天守閣!

 

 

続日本100名城スタンプを押す

真っ先に向かったのが、続日本100名城のスタンプ場。

九州旅行の直前に、「せっかくなら…」ってことで城巡りのスタンプ帳を買いました。これから頑張って日本各地のお城に行って、スタンプを集めまくりたいと思います!気づいたらお城マニアになってそう。。。

 

スタンプを押せて一安心したので、小倉城の中に入ります!

 

 

 

小倉城の見た目について

ちなみにこの小倉城、今はこんな見た目ですが、

 

 

もともとはこんな感じの見た目だったらしいです。屋根がシンプルで、現在の姿とは全然違いますよね。

 

本当は最上層以外、屋根の飾り(破風)がない構造だったみたいなんですけど、

1950年代に再建される際に、地元の人々から「カッコよくないと観光客に訴える力がない!」って感じ要望が入り、その結果、飾り(破風)が追加されたようです。

望岡 慶
望岡 慶
そこは史実通りに復元してよ!って思うのは僕だけでしょうか…?

 

屋根の飾り(破風)がない史実通りの見た目にしておいた方が、「独自性があって実際に見に行く価値があるお城!」ってことでもっと観光客が増えたのでは…?って思います。

悪口になりそうで大きな声で言えないのですが、先見性がない…ってのが北九州の特徴?(第二次産業に頼りっきりだった八幡しかり)

 

 

城内

城内には、様々な展示があります。

かなりキレイに整備されているので、お城っぽくはないです。正直、城としての面白さは弱いかもしれません。

 

 

こちらが小倉周辺の昔の地図。中央の橋を挟んで、西側がお城、東側が町人地となっています。

 

その他の写真

 

 

天守閣からの景色。周辺に高い建物がたくさんあるので、絶景!とは正直思いませんでした…。

って、悪口ばかりになってしまいましたが苦笑

 

 

小倉城の基本情報

歴史

1569年築城(中国地方の毛利氏が城を築いた:毛利勝信)

1837年、失火のため天守閣が焼失

1866年、第二次長州征討の混乱の中で小倉藩が自ら城を焼却

明治時代から第二次世界大戦中には、歩兵第12旅団や第12師団の司令部が城内に置かれた

1959年に天守閣が再建される

 

写真

 

構造

海城の一種(海城は瀬戸内海周辺に多く見られる)

城の石垣は切り石を使わずに自然の石を積み上げる野面積み(のづらづみ):足立山から石を運んできた

 

 

小倉城周辺を散策

小倉城見学を楽しんだ後、近くを散策することに。

 

トイレで有名なTOTOの看板が!本社は、ここ北九州市小倉にあります。

 

 

こちらは紫川。小倉城を守る、天然の堀として機能したとのことです。

 

 

しばらく歩くと、地図を発見。北九州の地に、なぜか「長崎への原爆投下」に関するモニュメントが…。

せっかくなので見に行きます!

 

 

小倉は原爆投下の候補地だった

実はこの小倉の地は、原爆投下の候補地だったんですよね。

江戸時代が終わった後、小倉城があった場所には陸軍の施設(兵器工場)が設置されました。

そのため、小倉が原子爆弾の第2目標とされたのです(第1目標は広島)

 

しかし、原爆投下日の1945年8月9日、小倉市上空は視界不良。その結果、小倉への原爆投下は中止になり、次の目標地である長崎に原爆が落とされることなりました。

 

このような経緯から、小倉の地に「長崎への原爆投下」に関するモニュメントが設置されることになったんです。

小倉はいろんな歴史がつまった場所で、とても勉強になりました!

望岡 慶
望岡 慶
最後までお読みいただきありがとうございました!

続きはこちら→関門海峡を徒歩と船で渡ってきた

 

Vlogはこちら

 

福岡県の観光スポットまとめ記事はこちら

福岡県のおすすめ観光スポットまとめ【旅行記】

 

おすすめの学習教材

学習漫画・参考書

日本史の漫画まとめ記事

 

(中学)歴史の参考書まとめ

 

(高校)日本史の参考書まとめ

 

(高校)地理の参考書・問題集

 

通信教育

(小学)通信教育まとめ記事

 

(中学)通信教育まとめ記事

 

(高校)通信教育まとめ記事

 

(不登校)通信教育まとめ記事

 

→家庭教師がいい人はこちらで探せます!

 

社会科の本質をわかりやすく【旧”社会科チャンネル”】

 

社会科(歴史・地理・公民)の内容について、本質的な部分をわかりやすく解説するチャンネルです。

【方針】

  • 「つまりどういうことなの?」「なんでこれが大事なの?」ってのを解説する(木で例えると、葉っぱの部分じゃなくて幹の部分を説明する感じ)
  • 細かい内容は省略する
  • 社会科は人間の営みに関する学問なので、当事者のことをちゃんとイメージする(人間の心理も考える)
  • 「社会は暗記すればOK!わからなくても覚えりゃいい!」っていう人を減らす

 

【対象】

  • 中学生〜大人(本質的な部分を解説しているので、中学社会にも高校社会にも対応しているはず!)

※細かい内容はあまり扱わないので、細かくてマニアックな内容を求めている人は満足できないと思います。マニアックさを求めている人は、別のチャンネルを観るのがおすすめです。

>>チャンネルはこちら

 

 

歴史観光Vlog

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA